知名度の低い後鼻漏の基本的な実態を紹介しています

オリンパス

後鼻漏とは?

ホーム > 後鼻漏とは?

鼻水がノドに落ちる、後鼻漏

後鼻漏とは?

後鼻漏は、簡単に言うと異常な鼻水がノドの方へ流れ落ちてくる症状です。

いくら鼻をかんでも鼻水は前方から出ず、絶えずノドに流れ込んでしまい、その鼻水を口から吐き出し続けるか、飲み込み続けるしかありません。その不快感はとても大きく、重症になると食事や睡眠などの日常生活から対人関係にまで弊害を及ぼします。

通常、鼻水は鼻の中で過剰に分泌され、鼻の穴から出ていきます。しかし、後鼻漏の場合は鼻水が鼻の穴から出てこないで、ノドのほうに流れ落ちます。
しかし、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの影響で鼻水の量が増加し、ノドに流れ落ちる量が増加するとノドの粘液にダメージを与え、後鼻漏の悪化に繋がります。

後鼻漏とは?

後鼻漏の認知度

成人の3割が後鼻漏の疑い。一方で認知度は著しく低い。

後鼻漏という症名は、まだまだ一般的にあまり知られていません。
後鼻漏の実態を把握するためにインターネットリサーチ会社による全国アンケート調査を実施しました。その結果、対象となった20歳~69歳の一般男女500名のうち、後鼻漏セルフチェックを行っていただき4項目以上に当てはまる人は152名に上り、全体の3割以上に後鼻漏の疑いがあることが分かりました。

しかし、後鼻漏の症状を知っている人は全体のわずか2.2%と、認知度は非常に低い結果でした。このことからも、後鼻漏と知らずに症状に苦しんでいる潜在的な患者様が多数存在することが考えられます。

後鼻漏”感”とは?

何も流れていないのに流れている感覚やノドに溜まる感覚がある

後鼻漏感(仮性後鼻漏)というのは、いわばニセモノの後鼻漏です。後鼻漏感は、あたかも後鼻漏がノドを降りたり、へばり付いたりするような異常な感覚があるのですが、診てみると後鼻漏の実体は存在していません。

後鼻漏感(仮性後鼻漏)の原因は、なんらかの異常な分泌物が鼻副鼻腔以外の臓器から発生し、ノドを刺激して後鼻漏のような症状を感じさせます。最たる例は、上咽頭炎ですが、他にも胃食道逆流症に伴う胃酸の逆流によるノドへの刺激や嚥下障害に伴う余分な口腔咽頭の分泌物(唾液など)がノドに溜まり、ノドを刺激するなどで後鼻漏と同じような違和感を感じてしまうことがあります。

これは自分では判断が難しいので、もし後鼻漏と同じような違和感を感じたら、まずは一度専門の病院で診てもらうことをお勧めします。

全国の後鼻漏クリニックの一覧はコチラから

お問い合わせ
お問い合わせ
後鼻漏ナビTwitter
後鼻漏ナビFacebook