後鼻漏に関して、患者さんからよくあるご質問を紹介

オリンパス

後鼻漏のよくあるご質問

ホーム > 後鼻漏のよくあるご質問

後鼻漏のよくあるご質問

下記の吹き出しの質問を押すと、答えが出てきます。
気になる質問をクリックしてみてください。

A1:通常、鼻水の多くは無意識のうちにノドの方へ運ばれ、排除されていきます。ところが、なんらかの原因で鼻水の量、質に病的変化が生じると、鼻水がノド、特に上咽頭を通過する際に、ノドの異常感覚(違和感、不快感、異物感など)を自覚することがあります。

このようなノドの異常感覚の症状をもたらす"異常な鼻水"のことを後鼻漏と言います。

A2:どちらもノドの異常感覚(違和感、不快感、異物感など)が自覚されますが、その原因となる鼻水が異常であるか否かの違いがあります。

後鼻漏感の場合、あたかも後鼻漏がノドを降りたり、へばり付いたりするような異常感覚があるのですが、後鼻漏の実体は存在していません。

医学的には通常の後鼻漏は「真性後鼻漏」または「鼻性後鼻漏」と言います。それに対して後鼻漏感は「仮性後鼻漏」または「鼻外性後鼻漏」と呼ばれます。

A3あらゆる鼻粘膜の炎症は、基本的にすべて後鼻漏の発症につながる可能性があります。

つまり、鼻粘膜の炎症によって異常に作られた分泌物こそ、後鼻漏の正体と考えてよいでしょう。

A4:異常な鼻水が現れる背後には、必ず鼻副鼻腔の炎症性疾患の存在が疑われます。

その診断は、鼻内の局所所見、および鼻副鼻腔の画像検査から最も決定的な情報が得られます。ですから、とくに鼻の不調が感じられた場合は、耳鼻咽喉科専門医を受診されれば、早期診断や早期治療に的を絞られるでしょう。

また、より正確に鼻内所見を捉えるためには、できれば通常の鼻鏡検査よりも鼻咽腔ファイバースコープ検査の方が、また副鼻腔の病変をより正確に読み取るためには、できれば単純レントゲン検査よりも、CT撮影検査の方が望ましいと考えられます。

A5:後鼻漏の原因疾患としては、代表的なものとして以下のものがあります。

  • 感染性疾患としては、鼻カゼ、急性/慢性鼻副鼻腔炎、真菌性/乾酪性副鼻腔炎など。
  • アレルギー性疾患としては、通年性アレルギー性鼻炎(ダニや埃などが原因)、花粉症(スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサなどが原因)、好酸球性副鼻腔炎(もっとも難治)など。
  • 変性性疾患としては、鼻副鼻腔術後の変化、感冒後の変化、慢性鼻副鼻腔炎からの移行、加齢の変化などによるもの。血管運動性鼻炎、鼻副鼻腔の腫瘍性病変など

A6:後鼻漏感の原因は、なんらかの異常な分泌物が鼻副鼻腔以外の臓器から発生し、ノドを刺激して後鼻漏のような症状をもたらしてしまうことが伺われます。その最たる例は、上咽頭炎です。

それ以外には、胃食道逆流症に伴う胃酸の逆流によるもの、嚥下障害に伴って余分な口腔咽頭の分泌物(唾液など)がノドに溜まることによって生じるもの、咽喉頭神経症のようにノド自身の神経ネットワークの過剰反応などにより後鼻漏感が現れることがあります。

A7: “異常な鼻水”の後鼻漏が生じない後鼻漏感の場合、その原因は鼻副鼻腔の疾患ではありませんので、鼻内の局所所見や副鼻腔の画像診断だけでは後鼻漏感の具体的な臨床像や原因疾患を明らかにすることは、ほぼ不可能です。

この場合は鼻副鼻腔よりも、むしろ後鼻漏感を来たし得る鼻副鼻腔以外の領域においての様々な関連疾患を重点的に調べていかなければなりません。

ただし、後鼻漏感の発生と関わり得る疾患はあまりにも多種にわたりますので、疑わしい疾患の優先順位を決めてから診ていかないと、しかるべき診断と治療に辿りつくまでは莫大な時間と労力がかかりかねません。たとえば、「胃食道逆流症」が疑わしい場合は、優先的に喉頭ファイバースコープ、もしくは胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)が施行されます。

また、「嚥下障害」の関連が疑わしい場合は、積極的に嚥下内視鏡検査や頚部/頭部の画像診断が行われるでしょう。いずれにしても、後鼻漏(「真性後鼻漏})以上に、耳鼻咽喉科専門医の元での精査が必要となります。

A8:後鼻漏感(「仮性後鼻漏」)を来たし得る原因疾患として、代表格なものには以下のものがあります。

  • 上咽頭炎/咽頭扁桃炎
  • 胃食道逆流症/咽喉頭酸逆流症
  • 口腔乾燥症
  • アトピー疾患(咳喘息、アトピー咳嗽、喉頭アレルギーなど)
  • 嚥下障害(脳疾患、サルコペニアなど)
  • 生活習慣病(糖尿病、肥満、睡眠障害など)
  • 咽喉頭の腫瘍性病変など。

A9:上咽頭に炎症が起こった場合は、そこに直接“上咽頭由来”の炎症性分泌物が多く現れるため、たびたび後鼻漏のような症状が感じられることがあります。つまり、上咽頭炎に伴って発症した後鼻漏は、後鼻漏感です。

自覚されている後鼻漏の症状が、上咽頭炎による「仮性」のものか、それとも鼻副鼻腔炎による「真性」のものかを確認しておくことは、その後の治療を的確に進めるためにとても重要です。

A10:鼻の粘膜に炎症が生じることによって、くしゃみや鼻漏(鼻水)、鼻閉などの鼻症状が来たされるのが鼻炎の類です。アレルギー性鼻炎の場合は、さらに以下のようなことで特徴づけられています。
① 炎症は、感染ではなくアレルギー反応によるものであること
② 鼻症状は、発作的、かつ反復的に起きること
③ 感染性炎症ではないために、鼻漏、すなわち“異常な鼻水”は、決して色が付いたり、膿んだりしないこと
④ 鼻症状は、必ず両側性に見られること
そして、これらの条件が揃った上で、“異常な鼻水”が上咽頭の方へ回り始めたら、本格的なアレルギー性後鼻漏の発症と考えてよいでしょう。
初期の「アレルギー性後鼻漏」の特徴は、アレルゲン(抗原)の曝露により、一気に大量に増えた“異常な鼻水”の大半は、ほぼ無色透明のサラサラした水っぽいもの、すなわち「水様性鼻漏」ばかりです。多くの場合は、鼻の外(外鼻孔;鼻の外へ)にも、鼻の後ろ(後鼻孔;上咽頭の方へ)にも、同時に溢れて来ます。

そのため後鼻漏の症状は、往々にして水がノドを流れているような流動感が自覚されます。そして、長年アレルギー性炎症を放置し続けますと、粘膜下の鼻腺(鼻水を分泌する腺細胞組織)の増殖やその性質の変化により、サラサラとした水様性鼻漏が、段々粘り気を帯びた「粘性鼻漏」に取って代わられます。後鼻漏の症状も“水”が流れているような流動感から、“もの”がノドに粘りつく、まとわりつくような付着感に変化していくことが多く見られるようになります。

A11:鼻炎の重症度を問わずアレルゲンの曝露を避けることが、「アレルギー性後鼻漏」に対する最も重要かつ有効な対策です。さらに薬物治療を組み合わせることにより、一層効果的に症状を軽減することができます。

治療薬は、主として経口薬と局所噴霧・点鼻薬の2種類があり、それぞれには、さらに抗ヒスタミン系、ケミカルメディエーター遊離抑制剤、ステロイド系、抗ロイコチリエン系(経口薬のみ)、抗トロンボキサン薬(経口薬のみ)、サイトカイン阻害薬(経口薬のみ)、交感神経刺激薬(局所噴霧・点鼻薬のみ)などの種類があります。

薬の選択や飲み合わせ、使用するタイミングなどは、鼻炎の程度や症状の出方、薬の副作用(とくに抗ヒスタミン経口薬による眠気)、薬と体質の相性(薬効の現れ)などによりますので、耳鼻科専門医の指導が必要です。一般的には抗ヒスタミン経口薬とステロイド点鼻薬が、最も効果的な治療薬と考えられます。

効果以外に、薬の安全性、副作用およびコストパフォーマンスなども考え合わせますと、通常ステロイド点鼻薬(鼻内噴霧薬)が、アレルギー性鼻炎(「アレルギー性後鼻漏」)の第一選択薬としての利用価値が非常に高いと思われます。

ちなみに、ステロイド点鼻薬が鼻腔内粘膜に作用してから鼻炎症状が軽減し始めるまでの時間は、約12時間以内という傾向が見られます。そして、その薬効が最大に発現するには、およそ2週間の継続投与が必要とされます。

そのため単発的に使ったり、また思うように鼻漏/後鼻漏の改善効果が得られないからと、数日使用してすぐ止めたりしないように心掛けることが大切です。

お問い合わせ
お問い合わせ
後鼻漏ナビTwitter
後鼻漏ナビFacebook